おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが大好き。

横浜の中心で「うんこ!」と叫ぶ!うんこミュージアムにいってきた!

スポンサーリンク

 

こんにちは、共働き、バトです。

 

f:id:bato2019:20190318052307j:plain

 

 本記事の内容  うんこミュージアムに行ってみた!   

横浜で3月15日から7月15日まで期間限定、開催中の「うんこミュージアム」に行ってきました!エンタメうんこがたくさんあります。

 

うんこミュージアム
  • 神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9
  • アソビル2F(うんこミュージアム)
  • 横浜駅西口より徒歩2分
  • 入場料大人前売り1600円、当日券1700円
  • 入場料子供900円、小学生未満無料

うんこだらけの映えるミュージアムに行ってみよう!

 

まず、チケットを購入し待機列に。ここで当日券とネット購入と一緒になってしまい40分ほど並びました。コーナーは何箇所かに別れています。たくさんあるのでポイントをいくつかご紹介します。

f:id:bato2019:20190318062410j:plain

うんこミュージアム館内
  • マイウンコメーカー
  • カラフルうんこ
  • フライングうんこ
  • プリっとプリンセス
  • うん語ネオン
  • 愛のうんこルーム
  • ババ・ギャラクシー
  • ホップステップジャンプ〜
  • うんこシャウト
  • 世界のうんこグッズ
  • 描け!みんなのうんこ
  • ブリブリギャラリー
  • インビジブルうんこ
  • クソゲーコーナー
  • ウンコ・ボルケーノ

 

 マイうんこメーカーで自分のうんこがもらえる   

館内に入るとすぐ7色7、8台ある便器に座ってもらいます。そこで踏ん張るように言われて踏ん張ると輝かしい音とともに自分の便器の中にうんこ(プラスチック)が残されています。それがあなたのうんこカラーなのでお土産として持ち帰ることができます。そして棒に刺してもらえます。持ち帰り用の透明な袋もあります。ちなみに子供が横浜駅構内で袋を持っていましたが、見ず知らずの人が(なんだあれは!)といった宣伝効果になります(笑)

 

 うんこボルケーノから大量のうんこが噴火される   

中央にあるうんこオブジェの「うんこ・ボルケーノ」にはボールプールがありました。プロジェクションマッピングされたうんこ山が一定時間になると轟音とともに、うんこ(スポンジ)を大量に噴火していくのです。

f:id:bato2019:20190318052557j:plain

横にはドリンクカウンターがありましたが休憩中でした。

 

 UNSTAGENICエリア!UNTERCTIVEエリア!ゲームとスタ映えうんこが取り放題!   

フライングうんこと称されるコーナー、プリッとプリンセスなどインスタ目的のコーナーが充実。うんスタジェニックエリアと呼ぶそうです。綺麗なうんこがたくさん並んでいました。 ひっぷステップジャンプ〜コーナーは地面に映し出されたうんこを踏み続ける体感ゲーム。子供が楽しんでいました。たまには綺麗なうんこも踏んでみたいでしょう?大人も楽しんでいました。うんこシャウトは「うんこー!」と叫ぶと画面にうんこが出てきて声を出すだけ大きくなりサイズを競うあうゲーム。声を出すだけサイズが大きくなるわけではなく、声を持続すればするほどサイズが大きくなるので、声を伸ばせば画面上のうんこが大きくなります。伸びに自信があるので23m(スペースシャトル級うんこ)が出せました。ゲームコーナーはウンタラクティブエリアと呼ぶようです。

また、ウンテリジェンスエリアでは、好きなだけ壁にうんこを書くことが出来ます。そしてうんこ関連絵本が並べられ、我が家のお気に入り絵本、「うんこ!」もありました。

f:id:bato2019:20190318053602j:plain

 

 まとめ さぁ!みんなでうんこと叫ぼう!   

 この世界にいれば「うんこ!」と大声で叫んでも誰も変な一つしません。何せ綺麗なうんこやインスタ映えうんこが広がっている世界なのですから。それまでの固定観念を洗い流した「うんこミュージアム」は期間限定7月半ばまで開催しています。

ale-box.com

 

あなたも1度訪れてみてはいかがですか?

 

ここまで読んんでいただきありがとうございました!

 

 

終わり

 

 

 

 

スポンサーリンク