おいしくなりたいひとー茨城

茨城中心にADHD目線から「 子供と暮らす生活」と、「ライフハック」をつぶやきます。

「千葉県版」B級スポット巡りのススメ、インスタ映えにも最適!?

スポンサーリンク

 

こんにちは、バトです。昔、私はB級スポットの探索を趣味としていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 本記事の内容 趣味の1つに「B級スポット巡り」はいかがですか? 

 

f:id:bato2019:20190206101953p:plain

はと


突然ですが本日は千葉県のB級スポットを紹介いたします

f:id:bato2019:20190206102921p:plain

かえるさん


B級スポットってなんですか?しかも何故千葉県限定なのですか?

 

B級スポットとは人によって好みが分かれるマイナーな場所や観光地のことです。

snsなどで拡散され有名になってきた場所もあります(当時はまだB級扱いでした)。

千葉県の紹介になるのは私が2010年千葉県で記録していたものだからです。

 

 B級スポット①オートパーラーシオヤ  

2010年、それは9年前、一人でB級スポットめぐりをしていたころの写真が出てきたので紹介いたします。  まずは「オートパーラーシオヤ」さんです。場所は千葉県成田市猿山935-4 (旧香取郡下総町) 県道79号沿い 。なつかしい自販機がそろっているということなので、いってみたら懐かしすぎて私の子供のころ・・・はなかったタイプがごっそり残されていました。もちろんまだ使用できて、うどんとかでました。味はうどんです。定期的に中身は補充されているので勿論安心安全です。

 

f:id:bato2019:20190206214936j:plain

オートパーラーシオヤ

f:id:bato2019:20190206215006j:plain

自販機のうどん、そば


 

f:id:bato2019:20190209103704j:plain

2018年に行きました、現役です

 

B級スポット②ミシキー広場(現在はもう確認できません)  

 

舞浜でなく、木更津にある、こちらはミシキー広場!これは探すのに相当苦労しました。森の中の集落にぽっとありました・・・その先は行き止まりだったので、車だと元来た道を引き返します。 

木更津市真里谷という所です。(桐谷グランドゴルフ場管理)なんですが、なんとグーグルでピンポイントで探すとミッキーがグーグルでみれました。緑色のミシキーがいます。( グーグル座標 35.38166449265913 , 140.0705789226034 (緯度・経度))

2019年、現在はミシキーは無くなってしまい、ソーラーパネルがびっしり写っていました。それにしても、B級スポットは当時、あまりインターネット上で情報があまりなく、場所も曖昧なのでした。ですから、必死で探して見つけた時の爽快感がたまりません。まるで秘境を見つけたような気持ちです。ところでここは、誰でも遊べますって看板あるんですけど、いったいどうやって遊べばいいんでしょう・・・。ちなみにこの写真を撮るところに踏み台が置いてあり撮影OKでした。

 

f:id:bato2019:20190206215035j:plain

 

B級スポット③木更津の海中電柱

広場の帰りに、こちらもいってみました。これも木更津市です。千葉県江川海岸です。フォトが綺麗なんで、「千葉 木更津市 電柱 海中」や「江川海岸」と検索すれば素敵な写真がみれます。私は素人なので素敵な写真は・・・撮れませんでした。それから悔しくて1眼レフを購入し、趣味がカメラになったこともありました。(現在は休止中です)

f:id:bato2019:20190206215343j:plain

写真写りが悲しい

2010年当時は1部のコアなファンと地元の方々しか見ていなかった風景がある日、snsを通してその素晴らしさが世間に知れ渡り、知名度がぐっと上がったのでした。「死ぬまでに見たい千葉の絶景」とまで上り詰め、「日本のプユニ塩湖」や「千と千尋の神かくし」1シーンなどとたとえられてゆきました。

 

 

 まとめ あなたの県にもあります!しかし 

 いかがでしたか?他にも数県巡っていましたが、現在確認すると、2019年は解体されたり風化したり閉鎖されたりして徐々に姿を消してしまっています。B級スポットが作られてきたのは、高度成長期やバブル期です。劣化などで廃墟と化してきたからでしょうか。もうあの場所にはない、もう見れない・・・そう思うと少し悲しくなりました。「B級スポット巡り」など検索するとまだまとめサイトにつながることもあるのでぜひ有力な情報を捕まえてB級スポット巡りを楽し見ませんか。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

終わり

スポンサーリンク