おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが好き。猫が家族になりました。

フラミンゴを見ながら食事をしよう!【シーフードレストランメヒコ】

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、でもワンオぺ中のバトです。

 

 雨の日だけどフラミンゴを見に行こう! 

f:id:bato2019:20190610055101j:plain

スポンサーリンク

 


ついに梅雨が到来してしまいました。梅雨がなければ作物が育たないので大変ありがたい雨なのですが、イベント広場に行こうと予定を立てていたのですが、あえなく中止です。さらにホタル鑑賞の予定も入っていましたが、雨のためこれも中止です。残念。

 

そこで我が家は家族揃って「シーフードレストランメヒコ」という、フラミンゴを見ながらレストランで食事をする面白いコンセプトレストランに行くことにしました。写真のように食事をしているとフラミンゴが様子をみにくるというなんとも面白い光景を目にします。 

 

メヒコの店舗
  • いわきフラミンゴ館(福島県いわき市)
  • 郡山フラミンゴ館(福島県郡山市)
  • つくばフラミンゴ館(茨城県つくば市)
  • 水戸フラミンゴ館(茨城県ひたちなか市)
  • 守谷フラミンゴ館(茨城県守谷市)
  • 山形フラミンゴ館(山形県山形市)

 

他にも店舗はありますが、基本的にフラミンゴがいるお店はこちら6店舗になります。

 

 フラミンゴをみながら食事とフラミンゴ観察  

f:id:bato2019:20190610055829j:plain


今回、訪れたのは茨城県つくば市にある、メヒコになります。予約を入れることができるので、時間指定をして予約をしておくと、テーブル席はちょうどフラミンゴがよく見える席へと予約を入れてくれるのがオススメです。出ないと、すぐに満席になってしまうし、席に案内されてもフラインゴから遠い席になってしまうのでせっかく近くで見られるチャンスがなくなってしまうからです。

 

フラミンゴをまじかで見たいときは各店舗への予約がオススメです!その際、「フラミンゴを近くで見たい」と一言言えばなおスムーズに予約できました。

 

f:id:bato2019:20190610060118j:plain

席へ着くと、フラミンゴが思い思いに何か作業をしています。ほとんどが毛づくろいをしているのでいつも清潔できれいなのです。大きいフラミンゴ(特に体系と首)はオスです。小さいフラミンゴは種類が違うものだそうです。ピンクベースの体に羽を広げると濃い赤い羽、黒い羽が下にあります。鼻は貫通しているので向こうの景色が見えたりしています。(鼻が貫通しているのは珍しい)

足を折り曲げて寝るスタイルも見ることができます。たまにフラミンゴとフラミンゴ、自分の一定のナワバリがあるようで、あまり近すぎると威嚇する子もいました。(50cmそばを通過する分には怒っていませんでした、近すぎて待機したり、近くによりすぎると怒ったりしていました)

 

f:id:bato2019:20190610060536j:plain

ここはカニピラフがメインなのですが、私はあえてピラフじゃなくてカニ雑炊を選んでしまいました。まぁ美味しいこと、美味しいこと。

子どものキッズメニューは海鮮ものに限らず、(おそらく食べれない子もいると思うので)普通のキッズメニューが食べれそうでした。うどんやパンケーキがあります。もちろんお子様用サイズのカニピラフもありました!

基本的に何か記念日に訪れているだろうな、というお客様が多くいました、そんなイメージです。

 

 

 これから梅雨の時期が入ります 

 これからジメジメな雨の日が始まります。お出かけする場所も限られてしまうのでなんだか選択肢も狭まり難しいところ。お勉強?するには室内ですからもってこいなのですが、体験作業するにはやっぱり晴れ間が欲しいところです。

そんなとき、普段行かないレストラン巡りもオススメです。コンセプトレストランは茨城県には数少ないのですが、これから探してみるのいいかなと思いました。他にはそうね・・・水族館とかでしょうか。エキスポセンターや博物館、工場見学なども雨の日でも遊べる場所なのでぜひオススメします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

終わり

スポンサーリンク