おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが大好き。

一眼レフで撮影してみた、撮影遊び5選!

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。一眼レフを購入したてのころ、いろいろ遊んでみましたのでご紹介します。初めて一眼レフを取ってみた人、これから購入検討ある人などどうぞご参考までに見てってください。

 

 ド素人が一眼レフでいろいろやってみたレビュー! 

カメラのいろいろいじってみたメニュー
  • 1、暗いところで映るように撮影してみる
  • 2、歩く人を流してみる(車も)
  • 3、暗いところで撮影して光だけ流してみる
  • 4、撮影対象を明るく撮影してみる
  • 5、トリミングして遊んでみる

 

 1、暗いところで映るように撮影してみる 

 

普通に撮影するとこんな風に映る場所でも・・・明るさ設定を変えれば一眼なら写せます。

f:id:bato2019:20190510101302j:plain

iso100 f7.1 ss2秒 (失敗作)

まず、この暗闇で撮影してみます。普通のデジカメやスマホなどだとこのように真っ暗に撮影されてしまいます。一眼レフでまず三脚を立てて固定します。あとはマニュアルでISOを1600にあげて撮影します。

 

f:id:bato2019:20190510101329j:plain

iso1600 f7.1 ss2秒 

できました!マニュアルでISO設定を1600にまで上げて、撮影します。とても明るくて何があったかわかる1コマになります。キャンプをしていたのですね。ちなみに2秒固定です。

 

 

 

 2、歩く人を流してみる(車も) 

 

f:id:bato2019:20190510101422j:plain

iso100 ss1/8秒 f22 10mm(超広角レンズ)

日中撮影、晴天、または曇りなのでisoは100でも大丈夫です。あとはしっかりと体を固定して動かないようにします。三脚は必要ありません。シャッター速度を1/8秒にセットして撮影します。ワキをギュッとしめて、ハイ撮影。

撮ってみました。車が流れるような撮影ができました。

 

 

 

f:id:bato2019:20190510101444j:plain

できました。 こちらも同条件でシャッター速度を遅くします。1/8秒で固定すると人が流れるように撮影でき、顔を識別することが困難になります。(ブログにUPするときにモザイクをかけなくてもよくなります)

 

 

 

 3、暗いところで撮影して光だけ流してみる 

 

f:id:bato2019:20190510101532j:plain

iso500 f7.1 ss5秒 

暗いところで撮影するのにisoをあげ、シャッタースピード5秒にします。三脚は必須です。すると、写真のようになります。光だけ流れるような撮影になります。子供は光の棒を持って動いていたのでぶれています。よくある暗闇の中の光の文字「LOVE」などもこの作り方なのかな?

 

 4、撮影対象を明るく撮影してみる 

 

f:id:bato2019:20190510101622j:plain

iso100 f2.8 ss1/400秒 24mm 露出補正±0 (失敗作)

撮影条件は日中ですが曇りです。うーんいまいち色あせてます。

 

 

f:id:bato2019:20190510101639j:plain

iso100 f2.8 ss1/400秒 24mm 露出補正+2

いい感じです。露出補正を上げて全面明るくして撮影しました。

 


 

 5、トリミングして遊んでみる 

 

f:id:bato2019:20190510101725j:plain

iso100 f4 ss1/4秒 24mm 

手前にお花を置いてスポイトで水滴をたらします。少し離してぬいぐるみを逆さにぶら下げます。これを撮影します。

 

 

f:id:bato2019:20190510101742p:plain

 

その画像のトリミングです。水滴にうつるぬいぐるみは反転しますので正位置になります。sns向きな撮影に仕上がります。

 


 

 

 まとめ いろいろな撮影法、一眼レフなら遊べます 

いかがでしたでしょうか?一眼レフを手に入れたときに遊んだカメラの遊び方5選でした! トリミング作で使用した水滴の撮影はデジカメやスマホでもできると思います。もっと調べれば色々な撮影法がでてきます。星空撮影や夜景撮影はしてみましたがまだ失敗続きでこれといっていいものがまだ揃っていません・・・。それに子供がいるので夜中に家を空けることもできないので満月や新月を狙うのは難しいのですがでもやっぱりトライしてみたいと思います。

ここまでよんでいただきありがとうございました!

 

おわり

 

 

スポンサーリンク