おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが好き。猫が家族になりました。

英語取得ができるかできないかは、目標があるかどうかの違い

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。

 

 何時間、学習したら日常英会話レベルに達するの? 

f:id:bato2019:20190618150647p:plain

スポンサーリンク

 

突然ですが、今週頭から英語を学習し始めました。まずは中学生の英語をほとんど知らないのでそこから学習します。(中学生の英語の授業中はほとんど寝ていたか授業放棄していたので英語という学習をした覚えがあまりないのです)まずは、日本人の中で英語を話せる人といつまでたっても話せない人の違いを探しました。私も話せない人の勉強法をしていたらいつまでたっても話せないと思ったからです。話せる人の勉強法を真似ればそれが最短の道になりあっというまに話せるようになるのではないかと思ったからです。

そして、最短で何時間学習すれば日常英会話が取得できるのかも計算します。ええ、無駄な時間は取りたくなかったのです。
   

 

 英語を楽に覚えたい、では取得できないわけ

f:id:bato2019:20190621061818j:plain


英語を話せる人はきっと特別なルールや簡単に覚えられるテキストを使用しているに違いない、ネットで公開している可能性だってあるはずだ!と思いましたが、どうやらそれが間違った道だったようです。「英語を話せるようになった人といつまでたっても話せない人の違い」の中で、「やり方がわからないのでとりあえずこの方法で学習する」または、「誰々がこの方法で学習して高得点を取れたのでそれを真似てみる」と言った曖昧な目的こそ、全然ダメダメな理由だそうです。

適当に多分この方法でとりあえずナァナァな状態で挑んでいると心の奥底には「もっといい学習方法があったらそちらに乗り換える」と言った保険を掛けている状態です。

 

英語が話せるようになった人は違う、自ら英語を話せるようになった人は、「自分が英語を取得した時に英語を使ってどうなりたいか明確な目的がしっかりと基盤にある」のです。で、しっかりとそれを手に入れているのです。

 

要は考え方の違い、目指す目標の違いだけで英語が取得できたかどうかになってくるようです。適当に第二言語でも覚えとくかぁ、じゃダメみたいです。

ブログに書かれた「オススメの勉強法」はあくまでその人のオススメ。ブログを読む側には合うか合わないかがあります。

 

 

 英会話がしたいなら、具体的に目標を決めて 

f:id:bato2019:20190621061837j:plain


目標をしっかり定めておけばブレルことがないので英語取得の近道になると、わかったので適当に勉強するのではなく、何をしたいかを定めます。私は最終目標は「スイスで安楽死すること」なのですが、それには語学力が必要(英語)だったのです。

しかし、それはあまりにも高い富士山のような目標なので、まずは英語で日常会話は話せたい、という理由がありました。 あまりに遠いといつになるかわからないので、まずは近い目標を立てます。

 

今後の目標
  • 3行英文日記を1週間続けてみる
  • 英文法「中学1年ー中学3年」のテキストを2週間(7月に入るまで)におさらいをしておく
  • 朝活にサウスパークを2週間で後1話見る
  • 通勤中のhapa英会話を1ヶ月(7月中旬)まで続けてみる

 

 

 ところで何時間勉強したら英会話が習得できるのか調べてみた 

f:id:bato2019:20190621061859j:plain


ところで目標は立てましたが、日常英会話を取得するには何時間かかるのでしょう。これは人によるのですが、目安は2000時間だと言います。これは、毎日英語を使って暮らしている人にとっては簡単にクリアできる時間設定なのですが、日本にいる以上、簡単にはこなせないのです。私は現在35歳。サラリーマンなのとワーキングマザーなので勉強に限界があり、また就寝時間も削ると生活に支障が出て今います。1日の勉強時間を朝活と通勤時間、休みの時間を割り振っておよそ2時間ほど。2時間を毎日(土日は無理、祝日休日は無理)として大体計算するとおよそ3年。38歳の誕生日が来るかどうかくらいに2000時間に達し、目安の時間に到達します。

 

こうして、具体的な目標を立てることができます。 

 

今後の目標(3年後)
  • 38歳までに言いたいことが伝わる日常英会話が話せるようになる

 

と、いう具体的な目標を作りました。3年後といえば、子供は小学校低学年、英語の授業も入ってくるはずです。英語もその時一緒に喋れるようになれればいいなぁ、という新しい夢も出てくる限りです。ふふふ

ちなみに机に向かう時間は1000時間ほど。そして今回の設定では、毎日2時間設定で3年でしたが、これを毎日3時間設定にすれば2年以内には英語が取得できるでしょう。そう、時間を取れば取るほど、取得できる日付も近づくというものです。夢が広がりますねぇ。

 

 まとめ 目標だけはしっかりと定め、さぁいざトライなのです! 

目標は3年後、38歳までに自分が言いたいことを言える日常英会話が話せるようになること!!目標を立てました。短い目標は、1ヶ月間、通勤中は英会話を聞く、2週間以内にサウスパークを1話見る、2週間以内に中学テキストを終わらせておく、そして1週間は3行英語日記をつける、でした。 

できましょう?

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。引き続き、ブログをよろしくお願いいたします。

 

終わり

 

 

ちょっと夢みたいな話ですね。いいと思います。(自画自賛)

記事作成2019年、6月22日

スポンサーリンク