おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが大好き。

恐竜研究所、ミュージアムパーク茨城県自然博物館!恐竜を見るならココ!

スポンサーリンク

 

こんにちは、

 

共働き、バトです。

 

 本記事の内容 恐竜が見たい!茨城県自然博物館へ行こう!   

我が子はなんと、実は恐竜が好きだったようです。たまたま手に入れた恐竜のおもちゃがお気に入り。日本で恐竜の化石がかなり産出しているのは福井県。そこには恐竜博物館などがありますがちょっと遠い・・・。というわけで関東の恐竜が観れる調べられる場所を探すと茨城県自然博物館にあるそうなので行きました。

 

 まず出迎えるのはマンモス、8つの展示に分かれている   

茨城県坂東市にあるのは自然博物館です。ここは企画展示時には大人740円、通常時530円、高校生は450円、通常時260円、小・中学生は140円、通常時100円、障害者、未就学児童は無料です。

 

f:id:bato2019:20190401051839j:plain

 

入り口入ってすぐに松花江マンモスがあります。そこをくぐっていきます。このミュージアムには8つのテーマに別れていて、それぞれ宇宙、地球の生い立ち、自然の仕組み、生命の仕組み、人間と環境、ディスカバリープレイス、そして企画展示室に分かれています。ディズカバリープレイス(主に茨城の自然や植物、地学)は観察コーナーがありイベントに遭遇できればキャストが説明してくれます。14時に偶然イベントがあり、今回はヘビのお話をしていました。

 

 蛇を触ったり、蛇を首に巻いたりするイベントも行われていましたので首に巻かせていただきました。(写真は万人うけするものではなさそうなのであえて外しました)蛇って冷たいんですね。ひんやりしています。顔はよく観なくとも可愛いです。舌をペロペロして探検しています。

 

 地球の生い立ちコーナーが大人気!!恐竜がいるぞ   

展示アイテムの中で特に人気が高いのは2コーナー目の「地球の生い立ち」ゾーン。そこには恐竜の化石はもちろん、ティラノザウルスとトリケラトプスの模型があるのですが最新技術を使って動いています。低いうなり声というか鳴き声とまるで行きているかのような動きにしばしうっとり。それにしてもジュラシックパーク時代の私の頃と違い、今は研究が続いてティラノサウルスにも羽毛があったという説が正しくなってきていたらしく、ティラノサウルスにも羽毛が付いていてちょっと可愛くなっていました。どうやら1996年以降は羽毛をまとった姿で復元されることが多くなったようです。

 

f:id:bato2019:20190401053023j:plain

手前にいるのは幼体

f:id:bato2019:20190401053051j:plain

トリケラも違う

私の子供の頃のトリケラトプスの前足は確か象みたいな前足だったはず・・・(屈折はせずまっすぐしていた)いつの間にか、トカゲのように屈折でき、先端はしっかり4つの指が装備されていたのだなんて・・・時代は変わったものです。

 

 

 イベント中は恐竜研究所   

今回のイベントは「恐竜研究所」と題した恐竜コーナー。こちらも結構な人が集まっていました。最新の恐竜に関する研究課題や研究成果を展示したり、最新の調査での分類が変わってきているなど恐竜の発見はまだまだ尽きないことを紹介しているコーナーでした。

f:id:bato2019:20190401053637j:plain

成体、若者、幼体

ティラノサウルスの成体、若者、幼体に分かれて展示されていました。成長段階の異なる3体のティラノサウルス骨格は見事です。それにしても足が立派です。歯はいつの時代も怖い。さすが暴君と言われるだけのことがあります。他の恐竜の中にも、レプリカのなかに実物の化石(骨格)も展示してあるので大変見ごたえがあります。どうも現在では「鳥類こそ恐竜の生き残りである」という研究が最新のようです。 

この企画展示室は2019年の6月9日まで開催中。【恐竜とは】、【恐竜研究の今と昔】、【恐竜の分類、鳥への進化】、【恐竜じゃない爬虫類達】、【日本の恐竜研究】、5つのコーナーわけがしてありました。

 

 まとめ たまには恐竜を観てもいいんじゃない   

いかがでしたでしょうか。この博物館、昔行った時とだいぶ変わっていて特に恐竜ゾーンに力が入っていたように見えました。我が子が恐竜好きだったとはまた新しい発見もできてちょっと嬉しいです。久しぶりに蛇を巻いたのも面白かったです。蛇可愛いですね・・・ここまで読んでいただきありがとうございました。 

 

茨城県自然博物館
  • 茨城県坂東市大崎700
  • 0297ー38ー2000
  • 企画展示の時:入場料大人740円、高校生370円、小・中学生450円
  • 通常時:大人530円、高校生330円、小・中学生100円
  • 無料開放日:5月4日、6月5日、11月13日、春分の日
  • 館内フリーwifi利用あり
  • 第74回展示展、体験!発見!恐竜研究所開催中(6月9日まで)

 

 
スポンサーリンク