おいしくなりたいひと

茨城イベントが大好きな「子育てブログ」です。

つくば植物園で散歩をしながら見ごろの植物を探そう!

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。

 

 本記事の内容  花を知るなら「つくば実験植物園!」

   

 

つくば実験植物園
  • 開園時間9時から16時半
  • 休:月曜(祝祭日は開園して翌日が休み)
  • 年末年始12・28-1・4はお休み
  • 臨時開園あり
  • 入場料19歳ー64歳まで310円それ以外は無料
  • 5・4、5.18、11.3は無料
  • 夜間天体観望日、第二土曜、快晴の日の日暮れから2時間ほど
  • 0298-51-5159
  • つくば市天久保4-1-1
  • 駐車場有
  • http://www.tbg.kahaku.go.jp/

 植物の多様性に関心を持ってもらい、知識を得ることで知る活動につながるのをコンセプトにできた通称「つくば植物園」です。イベント、セミナー、企画事が多く、いついっても楽しめる場所になっています。

屋外には常緑、温帯、暖冷温帯、などの4つの森林など13か所、温室はサバンナ、水生植物、熱帯雨林の3か所があります。

 

 

 熱帯雨林のおすすめ

   

今回は熱帯雨林に入ってみました。外気温とは違い、むわっとした暑さです。

f:id:bato2019:20190422062324j:plain

 

カカオの木やバニラの木がありました。 

 

f:id:bato2019:20190422062339j:plain

 

檸檬の木はちょうど見ごろを迎えていました。レモン、ポンテローザという木で「見ごろナンバー2」の立て看板がありました。看板があるので非常にわかりやすいです。

 

f:id:bato2019:20190422062355j:plain

 

アカバナナの木は「見ごろナンバー3」でした。なぜか見ごろナンバー1のヒスイカズラが見つかりません(笑)

散歩しながら歩くと宝探しのようで面白いです。

 

屋外の2位に位置づいていた「シャクナゲ太陽」は高木全体に赤い色をつけて見栄えがよく、人だかりができていました。

 

この日はオープンラボ2019でしたので、無料で入場することができました。さくらそう品種展があり、鉢に入ってみごとなサクラソウが並んでいました。ちょうど春になったころなので花壇のお花がきれいに咲いて華やかになっていました。イベント時だったので屋台もでていました。

 

曜日を変えれば自然史や観察会、講座も豊富です。第三土曜日にはクラフトDAYと題して植物を使用した工作を作れるそう。また、第二土曜の天気の良い夜には反射の望遠鏡を使用し日暮れから天体を観察することができるそうです。

 

第3土曜クラフトデー
  • 予約不要、当日参加
  • HP参照
  • 時間 午前の部10:00~12:00(受付11:30まで)
  • 午後の部13:30~16:00(受付15:30まで)

 

第2土曜天体観望デー
  • 雨天、曇りは中止
  • 日暮れから2時間ほど
  • 0298-51-5159
  • 1か月前から予約受付しています
  • 事前予約制で40名ほど

 

 

 まとめ 外を歩くことが多いので天気のいい日がおすすめ!

 いかがでしたでしょうか。季節問わず色々な花が見ごろを迎えるのでいついっても飽きません。砂利が多いのですが、ベビーカーに支障はありませんでした。(温室も中に入り、ベビーカーが押せましたができれば温室に入る際はベビーカーは外においておけたらすれ違いが楽なのでいいかもしれません)

外回りがおおいイメージでしたので、オススメは風のない天気のいい散歩日和な時です。

 

ここまでよんでいただき、ありがとうございました!

 

 

おわり

 

 

 

スポンサーリンク