おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが好き。猫が家族になりました。

2019年5月中旬、平磯海岸で磯遊び!

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。

 

 茨城県、平磯海岸で磯遊びをしよう! 

f:id:bato2019:20190520064356j:plain

スポンサーリンク

 


この頃暑くなってきましたね。海水浴のシーズンはもうすぐそこです。現在はまだ泳ぐほど海水が暖かくなっていないし、気温もそこまで高くなっていませんが、そろそろ海が恋しい季節になりませんか?そこで今日は茨城県の平磯海岸で磯遊びをすることにしました。

ひたちなか市のhpを見ると磯遊びに適した干潮時刻と日付が記載されていてとてもよくわかります。この日の干潮時間は10時でしたから、干潮時刻前後2時間が磯遊びに適した時間になり、8時半から12時半くらいまでが安全に遊べる時間帯になります。

 

磯遊びに持っていったもの
  • 小さな網
  • 大きな網
  • 虫かごプラスティックケース
  • (あればなおよし)軍手
  • (あればなおよし)タオル
  • (あればなおよし)絆創膏

 

私がついたときは9時でした。ご年配の方は1人でいらっしゃっていて何か取っていました。その服装は長袖長ズボン、そして軍手に長靴、バケツに網です。

f:id:bato2019:20190520064434p:plain

 

平磯海岸とは、ひたちなか市にある海岸で、ジオパークと呼ばれていることです。硬い岩石と柔らかい岩石が折り重なり歩きやすく平らな地層になっている場所です。

 

f:id:bato2019:20190520064650j:plain

ところどころに、こういった潮溜まりが出来ています。決して深くはなく、場所によってはまるで平地に水たまりのような場所もあるくらいで、4歳の我が子でも手を突っ込んで遊べるくらいです。

確かに海に近づくにつれ岩場も荒れてきますが、陸に近ければ比較的安全な場所もあります。

f:id:bato2019:20190520065131j:plain

この写真を見ると、奥は岩肌がむき出して深い潮溜まりもあって結構危険かなと思いますが、手前は比較的小さな子供でも大丈夫かなと思いました。(決して目を離さずに)

 

前回の大洗海岸付近での磯遊びは割と危険だったので、今回からはこちらで遊んだ方がいいかな?と思いました。県も推奨していることなので。

 

www.mesimazuyome.com

 

 

 

網もいらないくらいにヒトデやカニ、ヤドカリなんかはたくさんいて、最初はおっかなびっくりだった我が子もしばらくするとむんずと鷲掴みするくらい勇敢にカニと戦えるくらいになっていました。

 

f:id:bato2019:20190520064918j:plain

 

カニの赤ちゃんでしょうか。とても小さいのからサワガニくらいのものまで岩を退けるとあちこちに出没します。

 

f:id:bato2019:20190520065004j:plain

 

潮溜まりにはヒトデ(写真はイトマキヒトデ)もいました。こちらのヒトデはいったん陸に上げてみたところです。海に返してやるとヒトデの触覚がもぞもぞ動いていました。

イトマキヒトデはアカヒトデ目イトマキヒトデ科に属します。

黒をベースにオレンジ色の斑紋がありますが、太陽でベースは青く見えます。ものすごく目立ちます。小さいイトマキヒトデもいましたがそちらはベースが黒っぽく見えました。ひっくりかえすと無数の触手が動いていました。口もあるし・・・。

 

 

岩にはノリや海藻などがびっしりついていることもありますが、比較的避ければ海苔や海藻がついていない場所もあるのであまり滑らない場所もありました。

 

 まとめ さすがジオパークだ! 

f:id:bato2019:20190520065554j:plain


いかがでしたでしょうか。最後はもちろんみんな海に返しました。カニは慌てて潮溜まりの中に逃げていき、ヤドカリは最初警戒して貝の中で考え事をしていましたが同じタイミングでせっせと潮溜まりの中に入っていきました。可愛いです。

 

6月は梅雨時期なのでまた太陽が顔を見せることがあって干潮の時間が合えば是非いきたい場所候補になりました!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

終わり

 

 

 

  

スポンサーリンク