おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが好き。猫が家族になりました。

子供の自覚のない体調異常を調べてきました(首のしこり、視力、心雑音など)

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。

 

 子供の体調異常を調べる(まずは視力検査) 

f:id:bato2019:20190715084200j:plain

スポンサーリンク

 

4歳児健診には「視力検査」があります。


4歳児検診で2.3年前から新たに加えられた「視力検査」検診にて「視力異常」が指摘されていましたが、ものを見る力はあるようなので様子を見ていました。しかし、郵送でハガキが送られてきて「視力検査に引っかかったお子様は眼科に行きましょう」と書かれていたので、この度、眼科にて視力検査をしに行きました。

最近このくらいの子供たちは、4歳児検診で眼科検診をすることで視力異常が見つかり、近視にならないようメガネ補正の子供が多くなりました。年中、年長、保育園や小学校ではメガネの子供が増えてきています。実は、小さい子供の頃にメガネ補強をすることで視力が正常になることもあるのです。(ちなみに中学生くらいから近視などでメガネ補正するのとはまた違います)

メガネをして、裸眼で視力が正常になればメガネを外すことができる年齢です。そのため、今のうちに視力を補正しておくのです。

 

早速眼科に行くと4歳児検診で引っかかった視力ですが我が子は「遠視」でした。(屈折異常が出ました)しかし、メガネをかける必要がないほどの「弱遠視」でしたのでこのまま様子見の運びになりました。経過観察なので、もしかしたら正常になるかもしれないし、そのまま遠視かもしれません。ですが、現状視力は4歳児の平均(0.9−0.7)を保っているのです。

 

遠視とはピントが合わず、遠くも近くも見えないことを言うようです。我が子の場合、眼球がまだ小さいのでピントが合っていないとのことでした。成長とともに眼球が大きくなるとピントが眼球のサイズに合い、正常ピントになるとのことでした。

 

 子供の体調異常を調べる(次は心臓異常)  

f:id:bato2019:20190715084526j:plain

 次に、保育園での内科検診で引っかかってしまった「心臓異常」です。心臓音の異常では「雑音」が出てしまう「心雑音」判定が出てしまっていました。しかし、4歳児でなくとも今まで何に一回の内科検診はあったものの「心雑音」指摘はありませんでした。内科、小児科にて「心エコー」予約をとり、エコーをした結果「機能性心雑音」とのことでした。

 

機能性心雑音とは子供によくある症状のことで、子供の2人に1人は聞くこともあると言われているようです。雑音が聞こえるのに異常であるものがないことを「機能性心雑音」と言うようです。こちらも経過観察とのことでした。(大半は大人になると心雑音は消えてしまう)

 

 子供の体調異常を調べる(首のしこり) 

f:id:bato2019:20190715085259j:plain

首のしこりのエコーも見てもらいました。我が子(次女、4歳)の長女(当時4歳)は首のエコーにて悪性腫瘍の転移が見つかり、そこから闘病生活が始まったこともあり、次女の首のしこりも気にしていました。このエコー検査の前に耳鼻咽喉科にいき、触診で検査をしてもらったところ経過観察で良いとのことでしたが、エコー検査ではなかったので今回エコーを見てもらいました。

 

エコーではしこりが片方で4、5こ見つかりました。両方の首に10こ近くありましたが、しこりの形やその色などで「悪性」ではないことがわかり経過観察になりました。私も素人ながら検査中にエコーを見ていましたが、次女のしこりの画像と長女のエコーの時の「首のしこり」画像とだいぶ違かったので「判定は経過観察になるだろう」とわかりました。

 

長女の時の首のしこり異常のエコーの話はこちらに書いてあります。

ameblo.jp


 

 

 子供のきになる体調異常、異常なし(経過観察)にてこれにて幕引き! 

子供の気になっていた体調異常(検査で引っかかっていた自覚症状のない体調異常)はきちんと調べて特に悪さをするものでもないようなので経過観察とし、終了することができました。長女の時に悪性が見つかったこともあり、エコー検査台を見てから長女の闘病生活を思い出しPTSDも若干出てきてこちらとしてはかなり心苦しい時もありましたが、なんとか無事に終わることができたのでこれで心置きなく、来週迎えに行く猫ちゃんを家族に迎えることができそうです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

終わり 

 

 

 

スポンサーリンク