おいしくなりたいひと

茨城で「子育て」するブログです。イベントが好き。猫が家族になりました。

TDRのシステム変更とハロウィン時期は要注意な件について

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

共働き、バトです。今回は久しぶりにディズニーリゾートに行く場合について書いてあります。始めていく人向きではありませんのでよろしくお願いいたします。

 

 久しぶりにTDRに行くもシステムが変わっている 

f:id:bato2019:20190910131400j:plain



スポンサーリンク

 


千葉なのに東京ディズニーランド! その昔は好きで結構行っていました。年間パスポートを取得して仕事終わりに行くこともありました。そんなディズニーリゾートですが、かれこれ2年、3年は出向いていない気がします。いつのまにかFPの取得方法が変わっていましたので今回はそのアプリでFPを取得する方法をメモしていきたいと思います。  

 

アプリでFPを取る方法
  • 1、アプリ「TDR公式」をインストールする
  • 2、事前登録しておく
  • 3、TDL、TDSに入園したらアプリを起動しFPをタップ、アトラクションを利用する人数分の入園チケットを読み込む
  • 4、アトラクションを利用する人のパークチケットにチェックを入れて決定を押す
  • 5、アトラクションを選択し取得する
  • 6、利用時間になったらFP専用レーンにて取得したアトラクションのQRコードを読み取らせFPレーンに並ぶ

ファストパスはご存じ、「予約」システムになります。この現場に行きFPチケットを取得して利用時間になったら利用してという足を運ぶ作業がなくなりました。おそらく、FPを取りたいがための「開園ダッシュ」(入園と同時にアトラクションまで全力疾走をすること、これにより人より早くアトラクションに乗れるが園内は危険なので走ることは禁止されています)対策なのかな?と思います。あとは、アトラクションまでいってチケットを取るだけの作業をはぶりたいというのもあったと思います。このアプリのFPチケットサービスはとても良いのですが、デメリットとしていざ使用しようとしたときに「アクセス集中」「アプリが落ちる(アプリ不具合)」「スマホの電源がない」 というデメリットが存在するのですが、利用者側としては「食事中にFPをとる」「ショー待ち中にFPを取る」といった空いている時間で「取得できる」という利点の方が大きい!といったところです。

なお、ファストパスチケットはファストパスリマインダーという名前に変わり、従来通り発見はしているようです。以前は利用時にFP入口でFPチケットをキャストに提示してQライン途中で回収するということをしていましたが、現在はFP入口でQRコードを読み取るだけで回収はなくなったようです。

しかし、FPアプリが登場したことでFPの取得時間はさらに早まりそうですね・・・。

 

 どうして今ディズニーリゾートの話が出たかというと。 

 

f:id:bato2019:20190910105615j:plain


ディズニーリゾートで混雑する時期が9月10月のディズニーハロウィーンなのです!なのでこの時期は特に当日券チケットが売り切れることがあるので要注意!

「ディズニーリゾート売り切れ情報(前売り券、日付指定券)」を確認すべき時期が来たのです。今年はさっそく9月15日のディズニーシーが前売り券(日付指定券)が売り切れということで、当日にディズニーシーに行っても入れないことがあります。(入園できますが、おそらくは制限解除後からなので最悪夕方に入園というシナリオが待っているかもしれません)

おそらく9月、10月の3連休は入場規制がかかり要注意。なのでどうしてもその日に行きたいならば日付指定券を購入しておくことをオススメします。我が家ではどうしても3連休に行く予定(できれば避けたい)なので、日付指定券を今からおさえる予定です・・・。

 

 ハロウィン時期にTDRに行くなら事前準備を! 

f:id:bato2019:20190910131544j:plain


いかがでしてでしょうか。ファストパスチケットのシステムも変わり、ハロウィン時期は混雑必須です。なので、事前に入念に調べていくことは必須になります。またファストパスの開園ダッシュがなくなったとしても「キャラクターグリーディング」や「ショーレストラン」に関してはまだアプリ対応になっていないので開園ダッシュは「減った」程度だと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おわり

スポンサーリンク